バナー画像は、“ロックな絵師”木村英輝氏による祇園祭絵図屏風

150年ぶりに大船鉾が巡行、約半世紀ぶりに後祭が復興!

 日本三大祭のひとつ「祇園祭」はおよそ1100年前の平安時代前期(9世紀)から続く京都・八坂神社のお祭りで、毎年7月1日から31日まで、1ヶ月にわたって京都市内の中心部で行われる京都の夏の風物詩です。その歴史の長さ、豪華さ、規模の大きさは世界でも有数で、『京都祇園祭の山鉾行事』はユネスコ無形文化遺産へ登録されている。
 7月中は切符入りに始まり、神輿洗や神幸祭、花傘巡行など様々な行事が疫神社の夏越祓まで市内各所で行われる。

 中でも主要神事である神輿渡御(神幸祭、還幸祭)とともに祭の両輪をなす豪華絢爛な山鉾巡行。今年は49年ぶりに後祭(あとまつり)が復興。伝統的な習わしに則り、17日(前祭)と24日(後祭)の2度、山鉾巡行が行われる。
 神事祭事表 http://gion.kyotocf.com/shinji-schedule/

 さらに今年は後祭復興のシンボルとして、応仁の乱前(15世紀前半)から後祭巡行のしんがり(最後尾)を務めてきた「大船鉾」(おおふねほこ)が、幕末の蛤御門の変での本体部分焼失以来150年ぶりに巡行復帰し、その雄姿を現す。
 
 歴史的な節目となる今年、伝統行事を支える町衆、団体、行政(京都市)とともに観覧者、参加者である私たちも応援したい。

今年の注目ポイント(1)
大船鉾が幕末の蛤御門の変での焼失以来、150年ぶりに巡行復帰!

大船鉾
大船鉾
大船鉾とは、江戸時代末期まで、祇園祭の後祭の最後尾を飾ってきた船形の鉾である。幕末の蛤御門の変による大火で、本体部分を焼失して以来、休み鉾となっていた。
平成9年に囃子方が復活したことを皮切りに、地元四条町の町衆(現:四条町大船鉾保存会)の手によって少しづつ復興へ向け、準備が行われてきた。
大船鉾保存会による復興事業は資金調達などから難航を極めたが、本体胴組は京都青年会議所から、屋形部分は京都ライオンズクラブから寄贈され、鉾の裾幕や音頭取りの衣装は京都市立芸術大の学生がデザインするなど、各方面からの支援と地域の協力により、およそ20年の年月を掛けてようやく再興の目処がたった。

今年の注目ポイント(2)
後祭が約半世紀ぶりに復興、祇園祭が本来の姿に!

map_ato_ps

祇園祭は疫病退散を祈願する八坂神社の神事で、古来、神事の中心となる7月17日の神幸祭と24日の還幸祭に合わせて、17日に前祭の山鉾巡行、24日に後祭の山鉾巡行が行われていた。
map_mae_ps交通渋滞の緩和や観光振興といった観点から、昭和41年から、7月17日に前祭・後祭合同巡行が行われてきたが、伝統的な前祭・後祭の習わしを、後世に正しく伝えるため、49年ぶりに祭り本来の姿に戻すこととなった。

「祇園祭」開催期間中のその他催事

・後祭親子で巡るスタンプラリー(京都市観光MICE推進室)
  小学生を対象とし,親子・家族で後祭十ヵ町を巡り,スタンプを押印し10箇所回った方に後祭十ヵ町の町印をプリントしたクリアファイルを贈呈。
・エコ屋台村の開設(前祭:7月15~16日 後祭:7月21~23日)(京都市ごみ減量推進課)
  リユース食器を用いた「エコ屋台村」を鉾町近辺に開設し,環境配慮型店舗の魅力を発信。
・京都市無形文化遺産展示室における「後祭復興支援展示」と臨時開室(京都市文化財保護課)
「後祭復興展示」は7月24日(木)まで(水曜日休館)。7月16日(水)と7月23日(水)は臨時開室します。7月25日(金)から数日間臨時休館し,その後は大船鉾の屋形部分の実物展示を開催予定。

「後祭有料観覧席」案内

京都市観光協会では、7月24日の後祭巡行有料観覧席を設けている。
・料金:3,180円
・設置場所:京都市役所前
・購入特典:「京もの」(祇園祭特製 清水焼の箸置き等)をプレゼント。
・問合せ先:京都市観光協会TEL:075-752-7070
※7月17日の前祭巡行を楽しんでいただける「前祭有料観覧席」も発売中。