赤い壁に金色の御神輿が映える

八坂神社石段下での出発の儀、中御座、東御座、西御座、東若御座(四若こども神輿)の差し上げ、差し回しを終え、神幸祭神輿巡幸は始まった。

四条通花見小路にある祇園一力亭(ぎおんいちりきてい)前には一際大勢の観衆が集まっている。

鳴りかん、鈴音、ホイトヨイト、歓声が祇園縄手通をコダマする

京阪三条南側で力を蓄えた後、川端大通り、鴨川に挑む


夏の夕日を切り裂く中御座

三条大橋で鴨川に差し上げ

三条木屋町、小休止。ここから木屋町通りを二条まで北上。

御池を堂々の通過

二条木屋町日銀裏門まえ。家族が駆けつける中、弁当タイム。

この弁当がただの弁当ではないことは、「町家の会所で、伝統の竹皮拭き」を。


つづく、このあと最後のクライマックス

三若800の與丁が行く中御座巡幸道順

三若担ぐ、中御座神幸祭巡幸 【元祇園折返-神幸道を西-石段下-四条通を西-大和大路を北-三条通を西-木屋町通を北-[木屋町二条にて弁当休憩]ー二条大橋折返(20時ごろ)-二条通を西-寺町通を南-三条通を東-河原町通を南-四条通を西(21時ごろ)-御旅所】