恍惚の神輿振りが30分は続いただろうか。

午後5時、八坂神社を出発した三社の神輿と八坂神社御神宝は、都大路をねりあるいた。午後9時、三若神輿会が担うスサノウのオワす中御座は、四条新京極の御旅所に到着。
輿丁が神輿を荒々しく激しく揺らすのを「魂振り」という。その意味は神の霊を揺り動かし、神霊に活性化してもらうことであり、その活性した魂に肖ろうとする信仰である。「ナリカン」と呼ぶ金具を激しく鳴らすのも京都特有の神輿の特徴で、それらの表れである。

中御座の為に1日結界をはり、歩き続けた「若三若」のこども達に迎えられ、神輿は一週間、24日の還幸祭まで進輦する。