7月10日の神輿洗い、鉾建て、お迎え提灯、17日、前祭山鉾巡行、神幸祭と盛り上がる祇園祭。
『ついに』、24日クライマックスの本祭である還幸祭の1日となる。朝から深夜まで老若男女祭り人が忙しい。

後祭山鉾巡行
烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:00) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸 (11:20)

参照
http://gion.kyotocf.com/atomatsuri-yamaboko-junkou/

花傘巡行
24日午前10時に八坂神社を出発。
花傘を中心とした行列が、八坂神社から市役所、四条御旅所などを巡って、八坂神社へと帰る。
総勢1000人近く華やかで、賑やかな行列となる。
先頭は、元気なかけ声を響かせた子ども神輿。そして、花傘をかぶった女性や武者行列、鷺踊(さぎおどり)、獅子舞、芸妓さん・舞妓さんをのせた曳き車などが続く。

参照
http://gion.kyotocf.com/hanakasa-jyunkou/

還幸祭
後祭山鉾巡行で祓い清められた後、中御座・東御座・西御座の神輿が午後5時四条御旅所を出発。氏子地区を回り、京都三条会商店街にある御供社(又旅社)を経由して、八坂神社に戻る。

参照
http://gion.kyotocf.com/kankou-sai/
http://gion.kyotocf.com/highlight/kankosai2012/