祇園祭2012 三若全体練習
2012年6月17日 @ 八坂神社


「まだ寒かった3月からもう始まっている」とお伝えした三若祇藤会の高倉小学校での練習のあった日の午後、 八坂神社と円山公園の間にある広場公園で中御座を担っている三若の10の会派が集まり合同練習を行った。「三若みこし会」には800人を超える輿丁(よちょう・担ぎ手)が所属しているとの事だが、この日は200名内外が「本番が待ちきれんぞ」と参加した。

始めは輿丁全体の揺れ、なりかんのリズムがそろわず、やり直しでが繰り返されました。
数度目の練習で「よーし、よーし」と見守る長老からも声が出て、「まわーれ」、「さしあげ」を合わせるときは皆さん満足げにやりきった感がにじみ出ています。
練習の一部始終をスライドショーにしました。ので80枚あまりの動きを楽しんで下さい。
http://kyoto-brand.com/kyo-photo_gion/se2012.php?f=reha20120617

じっくり見た事ありますか

道具系をピックアップしてみました。

強さと美しさを兼ね備えた接合部分の結び目。轅からみ 男結び 。
練習ではこのツナや、胴体部分を控えの男達が全体重で荷重をかける。
担ぎ棒から外されたなりかんは、ふかれたあと丁寧に白いさらしで巻かれた。
さらしに巻かれたなりかんが納められる木箱